月別アーカイブ: 2016年3月

fossiles

いつもの新宿T。音楽ヨタ話しに明け暮れ夜も更けて、70〜80年代の話題になり場もユルむ。そこでしゅんくんが後頭部に鈍器の一撃、「俺たちは化石と話してるんだぜ」
おお、そうか僕はもう化石だ、化石だったんだとおもわず2・3歩あとすざりした瞬間酔いも微妙に抜けて行く。
考えてみればここは化石と化石予備軍が集う地質学研究所みたいな場所だった。
見渡せば他の場所やネット上にも大量の化石。雄弁な化石、寡黙な化石、年中愚痴ってる化石、若者に見つけてもらいたがる化石、権威化されたい化石、掘り出されるのをじっと待っている化石。

レコード店はさしずめ化石博物館か。先カンブリア期から出土したマト1はその時代の音がするらしい。「生きている化石」もライブをやっていたりするし。

化石には過ぎ去った事は語れるが未来は語れない。

Share Button